>> 自動車技術会ホームページへ
>> 自動車技術会について
自動車技術会・プレスWEBサイト


2014年6月30日
PR-14010


第12回全日本 学生フォーミュラ大会

過去最多の96チームがエントリー


公益社団法人 自動車技術会(会長 加藤光久)は、2014年9月2日(火)〜6日(土)の5日間にわたり、静岡県のエコパ(小笠山総合運動公園)で第12回 全日本 学生フォーミュラ大会を開催します。

本イベントは、学生がチームを組んで製作したフォーミュラスタイルのレーシングカーの走行性能を審査しますが、車両の企画、設計、コストについても審査をする、ものづくりの総合力を競う大会です。本会は、学生たちが本イベントを通じてものづくりの本質を学び、創造性に満ちた技術者として将来の自動車産業を担う存在となるよう支援する目的で、本イベントを運営しています。

今大会には、EVクラスの8チームを含め、過去最多となる96チームのエントリーがありました。この中から書類選考を通過したチームが本戦出場の切符を手にします。書類選考結果は8月1日(金)に発表予定です。

【今大会のトピックス】

  • 過去最多となる96チームがエントリー。
    • うち海外からは21チームがエントリーし、こちらも過去最多。
    • 初参加は12チーム。
  • 昨年より設定したEVクラスを本年も開催。
  • 昨年に引き続き、エンデュランス(耐久走行:最大の配点が設定されているこの大会のメインイベント)の上位チームは最終日(9月6日(土))午後に走行。

【日本大会の参加チーム・参加者推移】

過去11大会の参加者の推移は下図のようになっています。2012年から2013年にかけて参加者が大幅に増えていますが、これは大会最終日の参加者増(1,000名以上増加)が大きく影響しています。

※大会最終日を土曜日に設定したり、エンデュランス上位チームの走行をこの日に実施する等の、大会を盛り上げる施策の効果によるものと考えています。

また、本イベントには、初回から現在まで1万名を超える学生が参加し、その卒業生の多くが自動車関連企業に就職しています。そして、かつてフォーミュラ大会で活躍した学生が、本イベントのスタッフとして大会をサポートする側に回るケースも多くなっています。

【本イベントの審査基準】

本イベントにおいて、車両の「構想・提案」、「設計」、「コスト」に関して、車両を走行させずに行う審査を「静的審査」と呼び、配点は325点となっています。また、車両を実際に走行させてその性能を評価する審査を「動的審査」と呼び、配点は675点となっています。


静的審査の例

動的審査の例

本イベントでは、静的審査と動的審査の合計点により、最終的な総合順位を決定します。

種目概要配点
車検「技術検査(車両の安全・設計要件の適合性確認)」の他、「チルト」「騒音(ICVクラスのみ)」「ブレーキ」「レイン(EVクラスのみ)」の検査を実施。-



コスト年産1000台を仮定して事前にコスト計算の書類を提出し、コストの妥当性を審査。更に口頭試問も実施。100
プレゼンテーション『市場要求に合った車両の製造・販売を含むビジネスプランを会社役員に納得させる』という仮想シチュエーションでのプレゼンテーションを実施。75
デザイン(設計)チームからの事前提出書類と車両をもとに、設計の適切さ、革新性、加工性、整備性、組立性などを口頭試問により審査。150



アクセラレーション0-75m加速性能を評価。75
スキッドパッド8の字コースによるコーナリング性能を評価。50
オートクロス直線・ターン・スラローム・シケインなどによる約800mの複合コースの走行性能を評価。150
エンデュランス直線・ターン・スラローム・シケインなどによる約20kmの周回コースにおいて、走行性能、耐久性など車の全体性能と信頼性を評価。300
効率エンデュランス走行時の燃料・電力消費量を評価。100
その他車重計測(重量)、排ガス測定(ICVクラスのみ)を実施。-
 合計 1000

【過去大会の成績上位校】

大会総合1位総合2位総合3位
第11回大会京都大学大阪大学同志社大学
第10回大会京都工芸繊維大学大阪大学同志社大学
第9回大会上智大学横浜国立大学大阪大学
第8回大会大阪大学上智大学横浜国立大学
第7回大会東京大学上智大学横浜国立大学
第6回大会上智大学東京大学金沢大学
第5回大会上智大学国士舘大学金沢大学
第4回大会上智大学名古屋大学University of Michigan-Ann Arbor
第3回大会金沢大学神奈川工科大学国士舘大学
第2回大会University of Texas at Arlington神奈川工科大学国士舘大学
第1回大会上智大学国士舘大学東京大学

【エントリーチーム一覧】

エントリーチームの一覧を以下に掲載します。多くのチームがウェブサイトを開設し、チームの状況を報告しています。各チーム名のリンクは各チームのサイトにリンクしています。

Car No.大学名チーム名国名備考
1京都大学京都大学フォーミュラプロジェクトKART日本 
2大阪大学大阪大学フォーミュラレーシングクラブ日本 
3同志社大学同志社大学フォーミュラプロジェクト日本 
4名古屋大学名古屋大学フォーミュラチームFEM日本 
5京都工芸繊維大学グランデルフィーノ日本 
6横浜国立大学横浜国立大学フォーミュラプロジェクト日本 
7日本自動車大学校Formula Factory NATS日本 
8慶應義塾大学Keio-Formula.Com日本 
9東京理科大学TUS Formula Racing日本 
10豊橋技術科学大学豊橋技術科学大学 自動車研究部日本 
11東海大学Tokai Formula Club日本 
12山梨大学山梨大学学生フォーミュラ部日本 
13名古屋工業大学名古屋工業大学フォーミュラプロジェクト日本 
14東京都市大学Mi-Tech Racing日本 
15宇都宮大学宇都宮大学フォーミュラデザイナーズ日本 
16大阪市立大学大阪市立大学フォーミュラプロジェクト日本 
17大阪産業大学OSUracing日本 
18広島大学フェニックスレーシング日本 
19立命館大学Ritsumei Racing日本 
20東京農工大学TUAT Formula日本 
21上智大学Sophia Racing日本 
22工学院大学工学院レーシングチーム日本 
23トヨタ名古屋自動車大学校TTCN-F14日本 
24ものつくり大学MONORacing日本 
25茨城大学Ibaraki University Racing日本 
26北海道大学北海道大学フォーミュラチーム日本 
27成蹊大学SEIKEI Formula Team日本 
28名城大学名城大学理工学部自動車技術研究会日本 
29King Mongkut's University of Technology ThonburiBlack Pearl VIタイ 
30久留米工業大学久留米工業大学フォーミュラプロジェクト日本 
31Tongji UniversityTJU Racing中国 
32神戸大学FORTEK日本 
33芝浦工業大学芝浦工業大学 Formula Racing日本 
34金沢工業大学夢考房フォーミュラカープロジェクト日本 
35愛知工業大学AIT学生フォーミュラ研究会日本 
36早稲田大学早稲田フォーミュラプロジェクト日本 
37岡山大学岡山大学フォーミュラプロジェクト日本 
38日本工業大学Formula Friends of N.I.T.日本 
39日本大学理工学部円陣会日本 
40九州工業大学九州工業大学学生フォーミュラ日本 
41大阪工業大学O.I.T. Racing Team REGALIA日本 
42静岡理工科大学静岡理工科大学フォーミュラプロジェクト日本 
43近畿大学近畿大学 フォーミュラプロジェクト日本 
44岐阜大学岐阜大学フォーミュラJSAEプロジェクトGFR日本 
45千葉大学千葉大学フォーミュラプロジェクト日本 
46新潟大学NEXT. Formula Project日本 
47福井大学福井大学フォーミュラカー製作プロジェクト日本 
48埼玉工業大学埼玉工業大学学生フォーミュラプロジェクト日本 
49金沢大学金沢大学フォーミュラ研究会日本 
50東京大学東京大学フォーミュラファクトリー日本 
51東京電機大学TDU Racing日本 
52崇城大学Sojo Project F日本 
53山口東京理科大学TUSY Formula日本 
54鳥取大学鳥取大学フォーミュラプロジェクト日本 
55Universitas Gadjah MadaBIMASAKTIインドネシア 
56静岡大学Shizuoka University Motors日本 
57ホンダ テクニカル カレッジ 関西COD日本 
58明星大学STAR2014日本 
59日本大学 生産工学部CIT Racing Team日本 
60摂南大学S-Racing日本 
61静岡工科自動車大学校SAT`S Formula日本 
62岡山理科大学岡山理科大学日本 
63青山学院大学青山学院大学日本 
64Institut Teknologi Sepuluh NopemberSapuangin Speed Teamインドネシア 
65VIT UNIVERSITYZuura Formula Racingインド 
66北九州市立大学KF-works日本 
67富山大学富山大学フォーミュラプロジェクト日本 
68広島工業大学HIT Formula project日本 
69東京工科自動車大学校世田谷校東京工科フォーミュラプロジェクト日本 
70Fr Conceicao Rodrigues College of Engineering(Mumbai University)Team Pravegaインド 
71Prince of Songkla UniversityLOOKPRABHIDAタイ
72Harbin Institute of Technology at WeihaiHRT中国 
73ホンダテクニカルカレッジ関東H-TEC Racing Team日本 
74National Institute of Technology - JamshedpurDrift Racing Teamインド
75富山県立大学TPU Formula日本
76Southern Taiwan University of Science and TechnologyEagle Racing台湾
77M.H. Saboo Siddik College of EngineeringTeam MHSSC Racing Indiaインド
78国士舘大学Kokushikan Racing日本 
79千葉工業大学FCIT Racing Team日本
80Institut Teknologi BandungMushika FSAE ITBインドネシア 
81湘南工科大学SITフォーミュラプロジェクト日本 
82Hubei University of Automotive TechnologyDONG FENG HUAT racing team中国
83Maejo UniversityMaejo Racing Teamタイ
84Acropolis Technical CampusAcro-Racerzインド
85Ferdowsi University of MashhadCaspianイラン
86Hanoi University of Science and TechnologyBK-LEADベトナム
87UAS DortmundRace-Ing. Teamドイツ
88Universiti Teknologi Malaysia Kuala LumpurUTM KL Racingマレーシア
E1静岡理工科大学静岡理工科大学フォーミュラプロジェクト日本EV
E2東北大学東北大学フォーミュラチーム日本EV
E3神奈川工科大学KAIT Racing日本EV
E4Harbin Institute of Technology at WeihaiHRT中国EV☆
E5神奈川大学神奈川大学フォーミュラプロジェクト KURAFT日本EV☆
E6トヨタ名古屋自動車大学校トヨタ名古屋自動車大学校 学生フォーミュラチーム'14日本EV☆
E7九州工業大学KIT EV Formula VolTech日本EV☆
E8Chulalongkorn UniversityChulalongkorn University EVタイEV☆

※ ☆:新規、再:過去エントリー実績有、EV:EVクラス

【関連情報】

(以上)




設立趣意書 沿革 主な事業活動 情報開示 組織 歴代会長

〒102-0076 東京都千代田区五番町10-2 五番町センタービル5F
TEL: 03-3262-8211(代) FAX: 03-3261-2204 E-mail: press@jsae.or.jp

入会について : 03-3262-8213
講演申込みやイベント/シンポジウム参加について : 03-3262-8214
書籍等の購入について : 03-3262-8215
自動車規格について : 03-3262-8216