「 モータースポーツ技術と文化 ─進化し続ける開発手法の最前線─」 シンポジウム

本年度はモータースポーツにおける車両/エンジン等の開発手法を中心とした最新技術のご紹介をさせていただきます。また昨年市販されましたホンダ NSX の開発モデルであるConcept GTの開発や、エンジニア以外の方々にも興味を持って聞いていただける内容も組み込んであります。

今回は『ドライバの集中と回復』というテーマでレーシングドライバーの井原慶子様などによるパネルディスカッション企画しており、モータースポーツに興味をお持ちの皆様の参加を心よりお待ちしております。

●詳細に関しては、下記のプログラムをご覧下さい。
モータースポーツ技術と文化 ─進化し続ける開発手法の最前線─<PDF>

モータースポーツ技術と文化 ─進化し続ける開発手法の最前線─

∗ 開催日
2017年3月1日(水)/10:00〜16:55
∗ 場所
工学院大学 アーバンテックホール (東京都新宿区西新宿1-24-2)
http://www.kogakuin.ac.jp/facilities/campus/shinjuku/access.html
∗ 主催
公益社団法人 自動車技術会
∗ 協賛
日本機械学会、日本自動車タイヤ協会、日本自動車連盟
∗ 企画
モータースポーツ部門委員会
∗ 参加費
参加費(消費税込・テキスト1 冊込):
正会員 16,200 円/学生会員 3,240 円/賛助会員 22,680 円/一般の方 32,400 円/協賛学協会の会員 22,680 円
∗ 申込受付期限
参加申込締切日:2017年2月22日(水)
∗ 申込はこちらのフォームから
https://tech.jsae.or.jp/evententry/index.aspx?id=15-16

∗ ≪キャンセルについて≫

※2 月22 日まで:キャンセル料は発生いたしません。
※2 月23 日以降:ご出欠にかかわらずキャンセル料として、参加費全額をお申し受け、開催終了後テキストを送付いたします。

∗ お問い合わせ

育成・イベントグループ
Tel. 03-3262-8214 Fax. 03-3261-2204 E-mail: sympo@jsae.or.jp