• トップ
  • お知らせ
  • <参加者募集>シンポジウム No.13-17「多様なニーズに対応する計測・診断技術 -エンジンと新動力を計測・診断する-」(計測・診断部門委員会)

イベント

<参加者募集>シンポジウム No.13-17「多様なニーズに対応する計測・診断技術 -エンジンと新動力を計測・診断する-」(計測・診断部門委員会)

2017.11.07

燃費効率向上,環境負荷低減,車両電動化など,自動車を取り巻くニーズは高度化・複雑化しています.
このような状況下,計測・診断技術に対するニーズも急速に多様化・拡大しています.

本シンポジウムでは,エンジン内の最新計測に加え,電気動力技術部門委員会の協力により電気動力の最前線に関する話題を取り上げ,
分野の枠を広げて構成しました.

自動車開発のための計測に関する幅広い情報を効率的に収集・討議できる良い機会です.ぜひ皆様の積極的なご参加をお待ちしております.

日時 2018年1月23日(火)
会場 発明会館ホール(港区虎ノ門 2-9-14)
http://hatsumeikaikan.com/access1.html
協賛(予定) 計測自動制御学会,精密工学会, 日本エネルギー学会,日本機械学会,日本内燃機関連合会,日本トライボロジー学会, 日本陸用内燃機関協会
企画 計測・診断部門委員会 【協力】電気動力技術部門委員会
定員 200名
参加費(消費税込・テキスト1 冊込) 正会員 16,200 円/学生会員 3,240 円/賛助会員 22,680 円/一般の方 32,400 円 /協賛学協会の会員 22,680 円
参加申込/申込締切日 2018年1月22日(月)定員になり次第,締め切ります.
申し込みはこちら:https://www.gakkai-web.net/php-bin/gakkai/jsae/reg_sympo/new2.php?i=vXckTH2c
参加申込キャンセルについて 1月15 日まで:キャンセル料は発生いたしません.ご入金済の場合は,送金手数料を除き返金いたします.
1月16 日以降:ご出欠にかかわらずキャンセル料として,参加費全額をお申し受けます.開催終了後,テキストを送付いたします.

プログラム

プログラム詳細(PDF)

10:00 開会挨拶 計測・診断部門委員会委員長/(国研)産業技術総合研究所 古谷 博秀氏
[エンジン計測技術の最前線 1] 司会 (株)堀場製作所 森 雄一氏
10:05 先進的自動車計測評価技術 ─ 23nm 以下の粒子数計測の動向─ (株)堀場製作所 大槻 喜則氏
10:45 ディーゼル噴霧の計測技術 (株)SOKEN 山下 勇人氏
11:25 高速度紫外自発光撮影によるディーゼル噴霧火炎の後燃えの可視化 明治大学 相澤 哲哉氏
12:05 休憩
[エンジン計測技術の最前線 2] 司会 岡山大学 河原 伸幸氏
13:20 ピストンスカート,ランド周りの潤滑油挙動の計測 日産自動車(株) 乾 正継氏
14:00 レーザー誘起ブレイクダウン分光法による過濃燃焼場の当量比計測 日本大学 秋濱 一弘氏
14:40 休憩
[新しい動力技術と車両挙動計測] 司会 (国研)産業技術総合研究所 古谷 博秀氏
14:55 ハイブリッド電気自動車における制御技術  (株)本田技術研究所 西岡 太氏
15:35 研究開発現場に見るコネクテッドカープロジェクトの最新動向  (株)アプトポッド 坂元 淳一氏
16:15 電動過給機付大型ハイブリッドトラックの評価を可能とする HILS 試験法の高度化検討  (独)自動車技術総合機構 奥井 伸宜氏
16:55 閉会挨拶 計測・診断部門委員会幹事/(株)堀場製作所 森 雄一氏

◆プログラムは講師,会場の都合などにより予告なく変更となる場合があります.

◆CPDについて
本講習会(シンポジウム)に参加されると,自動車エンジニアレベル認定のための「継続能力開発ポイント(CPDポイント)」が取得できます.
詳細のご案内【URL】https://tech.jsae.or.jp/rireki/menu.html

【お問合せ】

(公社)自動車技術会 シンポジウム運営事務局 山本・露木
E-mail: sympo@jsae.or.jp
Tel: 045-453-2225

» 一覧に戻る

ページトップへ