技術で拓く、人とくるまの共創社会
公益社団法人自動車技術会 spacer spacer spacer spacer spacer spacer spacer spacer spacer spacer
境界線 ENGLISH 境界線 サイトマップ 境界線 プレスリリース 境界線 ホーム 境界線
公益社団法人自動車技術会
技術者育成講座 「2030年の技術者像・車社会の展望」 参加者募集
■会期:2017年3月24日(金)
■会場:発明会館地下ホール
(東京都港区虎ノ門2-9-14)
【URL】http://hatsumeikaikan.com/access1.html
■定員:講演会定員200名 参加募集中
   (交流会は定員に達しました)
■参加費:無料 (2016年・2016年度新入会員ならびに学生会員)
    10,000円(税別)(正会員、一般の方)
■申込方法:下記URLよりお申込み下さい。
①イベント参加システム(【URL】https://tech.jsae.or.jp/evententry/index.aspx?id=ikusei1
参加申込締切日:2017年3月17日(金)
■企 画:技術者育成委員会

■内容:
13:00 開講のご挨拶:     技術者育成委員会 本田委員長(国士舘大学)
13:00-14:00 講演:「感性豊かなものづくり・技術者の葛藤」 山口東京理科大学 貴島 孝雄氏
14:10-15:10 講演:「ふたつのホンダ軽スポーツカー 夢の実現にむけて」 
                        本田技術研究所 石橋 豊氏
15:20-16:10 講演:技術者倫理 東京都市大学/滋賀医科大学 本澤 養樹氏
16:20-17:10 講演:車載サイバーセキュリティ概論 広島市立大学 井上 博之氏
17:30-18:00 フロアディスカッション:自動車とエンジニアの将来
18:00-19:00 交流会(発明会館7F)(定員に達しました)

■次世代技術者育成講座参加のお誘い■
「10年20年先の技術者を夢見て、楽しく学び楽しく交流しませんか!!」
新入会会員の皆様
 公益社団法人自動車技術会ご入会いただき誠にありがとうございます。
 自動車を取り巻く環境は日に日に変化しております。振り返ると、数十年前の昭和40年代後半は公害問題に端を発した排気ガス浄化技術の革新、その後は、燃費向上技術の革新、新たな動力源の開発などが行われてきました。これらの技術は現在も進歩して新たな技術が生まれようとしています。その一方で、自動運転開発という多岐に渡る技術や知識が求められる時代にもなり、既存技術だけでは満足できないボーダレスの技術開発が行われてきています。10年、20年先はどのような技術が確立され、また新たにどのような技術が求められているでしょうか。
1)長年、第一線で自動車技術者として活躍してこられた方を講師としてお招きし、これまでの自動車技術の開発の難しさ、楽しさを皆様と共有してもらいます。
2)これからの時代に不可欠なサイバーセキュリティ分野第一線の講師による講座で、これから取り組むべき課題を考えてみましょう。
3)自動車とエンジニア・研究者の将来について、参加者、講師入り混じってディスカッションします。
20年先には、開発グループで中心となっている皆さんにお役に立つ講座です。講座の後は、企業大学の枠を超えて、参加者の皆さんで交流しましょう。
多数の皆さんのご参加をお待ちしております。

技術者育成委員会委員長 本田 康裕

■問合せ先:育成・イベントグループ 藤本 Tel.03-3262-8214 E-mail: kisokouza@jsae.or.jp
PDF 講師紹介
PAGE TOP
個人情報の取り扱いについて リンク・著作権・ロゴについて 各種申請手続 COPYRIGHT (C) SOCIETY OF AUTOMOTIVE ENGINEERS OF JAPAN, INC. ALL RIGHTS RESERVED.