技術で拓く、人とくるまの共創社会
公益社団法人自動車技術会 spacer spacer spacer spacer spacer spacer spacer spacer spacer spacer
境界線 ENGLISH 境界線 サイトマップ 境界線 プレスリリース 境界線 ホーム 境界線
公益社団法人自動車技術会
【参加申込受付中】No.12-16 「心地よい音をはかる技術・つくる技術2017」 シンポジウム
No.12-16 「心地よい音をはかる技術・つくる技術2017」 シンポジウム

◇日 時: 2017 年2 月1 日(水)
◇会 場: 発明会館(港区虎ノ門2-9-14)http://hatsumeikaikan.com/access1.html
◇協賛(予定): 日本音響学会,日本機械学会,精密工学会,日本騒音制御工学会
◇企 画: 音質評価技術部門委員会
◇定 員: 200 名
◇参加費(消費税込・テキスト1 冊込):
 正会員 16,200 円/学生会員 3,240 円/賛助会員 22,680 円/一般の方 32,400 円/協賛学協会の会員 22,680 円

◇参加申込締切日:2017 年1 月25 日(水)
 申込はこちらから☞ https://tech.jsae.or.jp/evententry/index.aspx?id=12-16
◇参加申込キャンセルについて:
 1 月25 日まで:キャンセル料は発生いたしません.ご入金済の場合は,送金手数料を除き返金いたします.
 1 月26 日以降:ご出欠にかかわらずキャンセル料として,参加費全額をお申し受けます.開催終了後,テキストを送付いたします.

【参加のおすすめ】
  自動車が発する音には静粛性だけでなく,心地よい音質が求められています.当シンポジウムでは音質評価に関わる当委員会の研究成果をご報告するとともに,心理音響モデル,聴覚の神経生理学,自動車騒音の国際基準,サウンドデザインなど多岐の分野の専門家をお招きし,最先端の研究成果をご紹介頂きます.是非奮ってご参加ください.

【プログラム】
 9:30 開会挨拶 音質評価技術部門委員会委員長 ㈱本田技術研究所 能村幸介氏
司会 ㈱本田技術研究所 能村幸介氏
 9:40  WG1 活動報告:音質目標を設計に適用する試み(第4 報) トヨタ自動車㈱ 湯川知弘氏
 10:15 WG2 活動報告:生体計測に基づく音質評価の試み
     -第5 報 生体計測による自動車警告音の音質評価- ㈱ブリヂストン 渡邉敏幸氏
 10:50 WG3 活動報告:ディーゼル車の音質評価(第6 報)
     -時間的な音色変化を伴う燃焼音の主観評価結果に影響する音印象について- 日野自動車㈱ 田村良介氏
 11:25  音質エンジニアリングの全体像を概観する
      -加速時音質とロードノイズの研究経験から- 神奈川工科大学 石濱正男氏
 12:15 昼食
司会 中央大学 戸井武司氏
 13:15 身体反応から探る聴覚のメカニズム 日本電信電話㈱ 古川茂人氏
 14:05 聴覚モデルに基づいたラウドネスの計算(仮) 北陸先端科学技術大学院大学 鵜木祐史氏
 14:55 休憩
 15:15 自動車から排出される騒音の国際的な規制動向 日野自動車㈱ 大野英夫氏
 16:05  ユーザインタフェースにおけるサウンドの設計とデザイン(仮) 同志社女子大学 和氣早苗氏
 16:55 閉会挨拶 中央大学 戸井武司氏


◆プログラムは講師,会場の都合などにより予告なく変更となる場合があります.

◆CPDについて 
 本講習会(シンポジウム)に参加されると,
 自動車エンジニアレベル認定のための「継続能力開発ポイント(CPDポイント)」が取得できます.
 詳細のご案内【URL】https://tech.jsae.or.jp/rireki/menu.html 


問合せ先:
育成・イベントグループ 中野・福田・藤本 
Tel. 03-3262-8214/Fax. 03-3261-2204 E-mail: sympo@jsae.or.jp
PDF プログラム
PAGE TOP
個人情報の取り扱いについて リンク・著作権・ロゴについて 各種申請手続 COPYRIGHT (C) SOCIETY OF AUTOMOTIVE ENGINEERS OF JAPAN, INC. ALL RIGHTS RESERVED.